四国八十八ヶ所 代参について

讃岐の陰陽師

今年も四国八十八ヶ所を巡ります。

 

まずは

四国八十八ヶ所って何?

お遍路って何?

今から約1200年前

讃岐(現在の香川県)生まれの

【弘法大師】空海さま 若い時に四国で

たくさんのお寺を回り修行されました。

その後中国に留学して

日本に新しい仏教(真言密教)を広め

真言宗と言う宗派を開きました。

その弘法大師さまの修行の足跡を回るのが

四国八十八ヶ所巡礼です。

山奥にある札所

階段が300段以上ある札所

次までの距離が150kmある札所

などいくつかある難所と言われる場所を含めて

一つ一つのお寺を御参りして祈願します。

全ての札所を巡り終え

(『結願』(けちがん)と言います。)

最後は弘法大師さまが現在も生きておられる

和歌山【高野山】奥の院

に結願のご報告。

その巡礼する人を『お遍路さん』と呼びます。

四国八十八ヶ所巡礼は

弘法大師さまが生きた平安時代から

現在まで約1200年続いている

日本が世界に誇る文化です。

日本各地や世界各国からたくさんの人が

四国を訪れてお遍路をされています。

歩き遍路や自転車・バイク遍路

バスツアーやマイカー遍路

形は色々ですがお遍路さんの想いは

みなさん同じです。

『弘法大師さまの御利益を受けたい』

幸せでありたい

健康でありたい

病気の家族の為に

自分や家族が死後安心して

極楽浄土へ行ける為に

日本や世界の平和の為に

人それぞれ願いは違うかも知れませんが

八十八ヶ所のお寺さん1つ1つでお願いを

する事に変わりはありません。

しかし

四国八十八ヶ所を全て回るには

時間と労力とそれなりの費用もかかります。

参考にそれぞれの日数と費用を書きます。

歩き遍路 

四国一周約1200kmを全て徒歩で

4050  毎日宿泊を伴う為 50万円

旅行会社のバスツアー

観光バスでの2030人のツアー

東京や大阪から出発   

2週間 約40万円〜55万円

マイカー遍路   

四国在住であれば日帰りが可能

場所により1泊〜2

9日〜10日 約15万円〜20万円

これくらいが大まかな日数と費用です。

(高野山への参拝費用は含みません)

更に県外からの四国への交通費が別途かかります。

四国八十八ヶ所巡礼

やってみたいけど

時間と距離の関係でなかなか

身体が不自由なので

途中止めにしたまま結願出来てない

そう思っている人が

日本全国にたくさんいます。

そこで

江戸時代に産まれ現在も続く風習で

【代参】

と言うものがあります。

何人かで代表者に費用を託し

日本の離れた聖地へ

代表者がその願いを背負ってお祈りを

しに行くと言うものです。

(詳しくはGoogle先生に聞いてみて下さい。)

代参でも御利益は全く変わりません。

陰陽師自身の巡礼

最初は自分の御利益の為でしたが

何周も回っていると

自分の御利益は考えなくなりました。

それよりも

『誰かの幸せの為に』

『行きたくても行けない人の為に』

そう思うようになりました。

そこで

【四国八十八ヶ所巡礼  代参 承ります】

費用だけを御負担して頂き

あなたの為に四国八十八ヶ所を回ります。

四国八十八ヶ所の納経(のうきょう)

(四国遍路では御朱印とは呼びません)

は極楽浄土への通行手形と言われています。

 

この世のお別れの時に

結願した八十八ヶ所の印を押した納経帳や

白衣(おいずる)を

棺桶に一緒に入れて旅立ち

あの世へ行った時に閻魔大王さまへ見せると

フリーパスで極楽浄土へ行かせてもらえます。

その四国八十八ヶ所プラス高野山奥之院

の納経帳を願いを込めて

あなたの為に完成させます。

ただし

何人もの願いを背負う事は出来ません。

事前にお電話でヒアリングさせて頂き

陰陽師が認めさせて頂いた

願いの強い方だけとさせて頂きます。

費用や日程などについては

個別にトークにてお伝え致します。

弘法大師さまの御利益にあやかりたい

来たるべき災害から自分や家族の命を守りたい

家族を安心して極楽浄土へ送ってあげたい

その四国八十八ヶ所の納経帳を

自分や家族の為に

そう願う方は個別トークからご連絡下さい。

       

        讃岐の陰陽師

関連記事

  1. グレートリセット 最終章 【大地震】

  2. 横浜市にて感じた悪い波動について

  3. オンラインサロン BANDグループ ポイント制度導入

  4. サロンメンバー限定 音声YouTube

  5. 【サロンメンバー限定】音声メッセージ

  6. 九星気学による9月の運勢 ①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。